<nobr id="q058a"><mark id="q058a"></mark></nobr>
      <optgroup id="q058a"></optgroup>
      <var id="q058a"><ruby id="q058a"></ruby></var>
      <object id="q058a"></object>

      <object id="q058a"></object>

          <optgroup id="q058a"></optgroup>

              公益財団法人
              山口県予防保健協會

              食品環境検査センター

              プロジェクトデータ

              所在地:山口県山口市小郡上郷5408-1

              2018年5月完成?運用開始

              1
              2
              1

              ヒュームフードを集めた専用のエリア。実験の特性に合わせて、一つひとつ異なる仕様を備えた機器が並ぶ。コンセント數や位置などについても、使い勝手を考慮している。

              2

              粉砕した食品の粉末などを強力に吸引する特殊仕様のヒュームフード。

              3
              4
              3

              機器洗浄などを行うため、流し臺を集めたエリア。乾燥用ラックも用意。

              4

              酸をメインで使用する検査室。実験臺は木製、ヒュームフードは塩ビ製を用い、酸による腐食を防止。

              製品情報

              3
              4
              5
              5

              各フロアに設けられている中央廊下。左右の各部屋は全てガラス張りのため歩きながら全體を見渡すことができる。

              6
              7
              67

              執務室や會議室まで、施設全體をラボにふさわしい清潔感のある白で統一。

              6
              7
              8
              9
              8

              資料を一元管理するための資料保管室。スライド式三重連棚で大量の資料保管が可能。

              9

              薬品や検體などを保管するためのバックヤード。さまざまな検査に対応できるように十分なスペースを確保。

              10
              10

              食品検査フロアのメインとなる検査室。実験臺間や通路にもゆったりとしたスペースを確保している。フリーアドレスで多くの検査員によるさまざまな作業が同時進行。間仕切りなどもなくして、検査員同士のコミュニケーションが取りやすいようにしている。

              製品情報

              10

              インタビュー

              久保 順 センター長

              環境計量士(濃度関係)

              多様化、國際化する検査ニーズに応えるために、
              より充実した施設へ
              新生児から高齢者まで、誰もが健康で、安心して暮らせる社會づくりに寄與

              當協會は健康の保持増進、生活環境の保全など、公衆衛生の向上を図るための業務を行う公益財団法人です。

              食品環境検査センターは、食品衛生法に基づく殘留農薬検査をはじめ、動物用醫薬品検査、栄養成分検査、微生物検査。水道法に基づく水質検査、計量法に基づく環境水?工場排水の水質検査を行なっています。

              大小さまざまな法人や個人、行政機関から依頼される検査は年間約16,000件。厚生労働省登録検査機関と國際規格ISO17025のダブルライセンスを持つ検査機関として、最新の分析機器をいち早く導入して研究を重ねるとともに、信頼性の高い検査結果の提供を第一の目標としています。

              これまでの施設が手狹になってきたことと、TPPの施行などによる検査ニーズの高まりを見越して、約2倍の規模の新しい食品環境検査センターを完成させました。

              新しい食品環境検査センターのコンセプトは「一體感」

              食品環境検査センターを新しくするにあたって、めざしたのは、當センターとしての一體感、従業員間の一體感、そしてお客様との一體感です。そのために中央廊下を境として、左右の検査室を全室ガラス張りとし、中の様子を一望できるつくりとしました。これにより、リーダーとスタッフの距離が縮まり、見學に來られるお客様への信頼感も深めることができたと思っています。

              さらに、検査室のエリアは、なるべくドアを設けない開放的なつくりとしました。これは従業員間の交流やコミュニケーションを促し、相談や打ち合わせなどをやすくすることで業務を活性化していくのが狙いです。

              當センターは、お客様への施設公開を原則としており、検査施設や検査機器を身近で見ることで信頼性や安心を感じていただいています。リクルート面でも、大學等へアピールすることで優秀な職員の採用につなげたいと考えています。

              一つひとつの検査の特性に合わせたオーダーメイドの検査室づくり

              検査員の動きに合わせた実験裝備の配置、実験臺間の通路幅をはじめ、各検査室についても今までの施設とは比べものにならないほど使いやすくなりました。これは我々の意向を伝えながら、専門のコーディネーターのアドバイスをいただけたことが大きいと思います。

              機械音の大きい裝置に対する消音設備には驚いています。以前は會話もできないくらいの音だったのが本當に靜かになりました。熱源のある裝置に対しても、隔離できる小部屋を提案していただいて、良かったと思います。

              塩酸や硝酸などを用いる検査室では、スチールフリーの実験臺を採用し腐食を最小限に抑えたり、食品の粉砕を行う場所では特殊な吸引裝置を付けるなど、さまざまな工夫をしていただきました。地震対策でも、実験臺を床に固定することで地震の時の避難通路を確保したり、飛び出し防止機能付きの収納庫も採用しました。

              これからも、この施設をフル活用して、食品や飲料水の検査に対する時代のニーズに応えながら、私たちも成長していきたいと考えています?!?/p>

              (2018年 取材)

              続きを読む
              この納入事例の対談は
              こちらからご覧ください。
              対談 CROSSTALK CUSTOMER x COORDINATOR
              刺激的匿名聊天,大宝贝直播app下载,糖心交友